Menu

合宿免許の自動車免許の種類とは?

運転免許の種類について

合宿免許などで取得することが出来る自動車免許には様々な種類があり、運転したいと考えている乗り物によって必要な免許が異なります。

運転免許の区分には第1種運転免許と第2種運転免許、仮運転免許があります。種類によって運転することが出来るものが異なっていて、一番広い範囲の乗り物を運転することが出来るのは第2種運転免許です。第1種運転免許は自動車や原付き自転車を運転することが可能で、一般の道路を走ったり、高速道路に行ったりすることが出来る免許になっています。日常会話などで出てくる「運転免許」はこの第1種運転免許を指すことが多いです。第2種運転免許はバスやタクシーなどを運転して、お客さんからお金を取る仕事をするときに必要なものです。

また第1種運転免許には普通免許や準中型免許、中型免許や大型免許、原付免許や普通二輪免許、大型二輪免許や小型特殊免許、大型特殊免許、牽引免許の10種類があります。普通免許は普通自動車や軽自動車を運転するための免許で、オートマチック車限定の免許とオートマチック車・マニュアル車を運転することが出来る免許の2種類が存在します。普通免許を取得することが出来れば、自動的に原付きの免許も得られるのがメリットです。

中型免許は中型自動車に乗るためのもので、四輪自動車でも車両総重量が5000キロ以上11000キロ未満、さらに最大積載量が3000キロ以上で6500キロ未満、定員が11人以上29人以下になります。大型免許は大型自動車を運転するための免許で、荷物の運搬などに使われる車両を使うのです。

普通二輪免許はオートバイの中でも排気量が50CC以上400CC以下のものを指します。大型二輪免許は排気量が400CC以上のオートバイを運転することができ、クラッチ操作の必要がないバイクが使えるのがオートマチック車限定大型自動二輪免許、マニュアルも含むすべてのバイクが使えるのが大型二輪車免許です。

小型特殊免許は農業用のトラクターや工事などで使うフォークリフトなどを操作するための資格になります。雪が降る地域などの除雪車にも使われる免許の一つです。大型特殊免許はクレーン車やショベルカー、ロードローラーなどの特殊な乗り物専用の免許で、あくまでも道路を走るためだけです。大型特殊車両で作業をしたいときには別の免許を取得する決まりになっています。

第2種運転免許には大型第2種免許と中型第2種免許、普通第2種免許と大型特殊第2種免許、牽引第2種免許があります。仮運転免許は運転免許を取得する前に、運転の練習や試験で利用するのです。教習所で練習をして、試験にパスすれば貰えます。

 

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!