Menu

通学免許と合宿免許、取得するならどっち

合宿は最短で免許を取得できる

合宿での免許を取得する最大のメリットは、取得までの期間が早いことです。普通車のAT限定ですと、スムーズに行けば最短で2週間程度での取得も可能です。合宿免許の場合、専用の宿泊施設に宿泊し、運転免許の教習を毎日集中的に行います。予約に空きが無ければ教習を入れることが出来ない通学免許と違い、確実に教習を受けることが出来るのは大きな利点です。また、通学の場合は自身である程度の受講スケジュールを組み立て、期限内までに間に合うよう予約を入れる必要がありますが、合宿なら自身でスケジュールを組む必要がなく、入校から卒業まで一貫したスケジュールが組まれているので、スケジュール管理の手間がありません。

学生なら夏休みなどの長期休みの際に利用出来ますし、友達同士で合宿免許を受講することで、モチベーションも高まります。基本的に合宿での入学では、費用はいったん支払えば追加での料金は発生しません。このように多くのメリットがありますが、反面社会人など長期的な休みが取れない人には利用が困難ですし、一度合宿が始まると自宅に帰ることも難しいです。あくまで短期間に、集中的に免許を取りに行きたい学生向けと言えます。

自分のペースで通える通学免許

合宿免許と違い通学の場合は、自分でスケジュールを組み立て、自分の予定やペースに合わせて免許の取得を目指せます。空き時間の合間を利用して教習を行うことが出来るため、まとまった時間が取りにくい社会人や、主婦の方に向いた方法と言えます。合宿に比べると時間はかかってしまいますが、自宅から通うことも出来ますし、集団でやるよりも一人でこつこつ勉強するのが得意な人にも通学の方が良いでしょう。

反面、繁忙期には、多くの人が利用するため予約が取りにくく、技能教習が受けられないと言ったデメリットがあります。合宿と違い、確実に定められた期間で免許が取得できるわけでは無いので、早めに予約を入れて余裕を持ったスケジュールの管理が必要です。

理解したうえで選ぼう

合宿免許の取得と通学免許の取得は、どちらもメリットだけでなくデメリットが存在します。まとまった休みがあり、とにかく最短で免許を取りたい人なら合宿、空き時間の合間を利用して、自分のペースでゆっくり取りたい人なら通学と、自分のスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。なお、合宿も通学も、入学だけでは免許の取得を保証するものでは無いので、自分でしっかりと学科を勉強し、不合格にならないように注意してください。

合宿免許ムーチョ!